女性

やっぱり気になる首のイボは化粧品で隠そう

お肌に優しい物を使う

レディー

界面活性剤を遠ざけてみる

昔と比べてアトピーに悩む人が増えているのは、現代の食生活や生活環境にも要因があるためであり、その中のひとつして界面活性剤があげられます。界面活性剤というのは、本来混ざり合う事のない水と油の性質を変えて混ざるような作用をするもので、洗剤やシャンプーなど私たちの生活の中でたくさん使用されています。安価で洗浄力の強い界面活性剤は非常に便利に生活に取り入れることが出来る反面、石油系の界面活性剤などの体への影響が心配される声もあがっています。石油系の界面活性剤というと「ラウレス硫酸Na」があり、これが肌につくことで肌のバリアを壊してしまうことが知られています。これがアトピーの原因になる事もありますし、直接的な原因でない場合にも悪化させる可能性は十分考えられます。アトピーはよくなったり悪くなったりをくりかえしたり、ステロイド剤をつかったりとその治療もなかなか大変な部分が多いため、生活の中でできる第一歩として石油系の界面活性剤を遠ざけてみるのも一つの方法と言えるのです。例えば、食器を洗うときにはゴム手袋をして十分なすすぎを行うとか、ボディーソープを石鹸に切り替えてみるなど簡単なところから始めてみるのも良いでしょう。洗濯洗剤を界面活性剤が少ないものに変えることでアトピーが軽くなったという例もあるので、できるだけ肌に触れないようにするというのがポイントです。ステロイドのような即効性のあるものではないので、気長に続けてみる事が大切です。