女性

やっぱり気になる首のイボは化粧品で隠そう

肌質で選び正しく使おう

コットン

メイクの濃さも考慮して

クレンジング選びは、実はスキンケアで一番大切なポイントです。肌荒れが起きる原因は、バリア機能が落ちていたり、外からの刺激を受けているだけでなく、実は間違ったスキンケアをしていることにもあります。特にクレンジングは、刺激となるメイクを落とすためにあるのですが、一方で自分の肌に合わないものを間違った使い方で使用すると、大きな刺激を生む結果になってしまいます。毎日行うからこそ、十分気を付けなければいけないポイントなのです。メイクは油分を多く含むのですが、その油分を浮かせて落とすにはやはり油分が必要となります。一方、水分と合わせて落とすのが界面活性剤で、クレンジングには主にこの2つの成分が使われています。濃いメイクを落とすには、油分たっぷりのオイルタイプが最適です。しかし、乾燥肌の人にとっては余分な皮脂まで流してしまう可能性があるので、あまりおすすめできません。ジェルやクリームのタイプは比較的肌への負担は少ないですが、界面活性剤の量が多く、敏感肌の人には刺激となるかもしれません。ミルクやクリームのタイプは水分を多く含んでいるの肌には優しいのですが、その分、洗浄力は落ちてしまいます。まずは自分の肌質を知り、オイリーなのか、乾燥肌なのか、敏感肌なのか、それに合わせて選ぶと良いでしょう。普段のメイクの濃さも考えに入れ、場合によって使い分けても良いかもしれません。ただし、どのクレンジングを選ぶにせよ、こすりすぎには十分注意が必要です。肌を痛めたり、必要以上に皮脂を奪ってしまったり、肌荒れの原因となります。素早く優しくメイクとなじませ、さっと洗い流すようにしましょう。